Copyright(C) 2016-2019 MUSUBU executive committee All Rights Reserved. 

本サイトは瓜生原葉子研究室(同志社大学)によって作成されました。

​過去のMUSUBU

​MUSUBU2017

 「意思表示をすること=京都府民の誇り」という新たな価値を作り出すことにより、府民の意思表示を促進し、京都府民の意思が尊重される社会を目指して活動を行いました。

 

京都府、京都府立医大、未来の会、患者会、SYVPが連携し、シンポジウムの開催、京都府と協働でのリーフレット作成、京都タワーのライトアップを開催。

MUSUBU2016

意思表示をしてもらうこと、「つながり」のイメージを持っていただくために、臓器提供の意思表示について、「知り、家族や友人と共に考え、想いをカタチにする」様々な機会の提供、「家族とわたし」をテーマとした絵画・3行レターの作品展『MUSUBUチャリティ』を開催。

 

そして、『世界一多くの人が受ける臓器提供認知向上の授業』でギネス世界記録™を達成しました。

意思表示について正しく理解できたうえで大人数が同時に意思表示を行えること、「意思表示=大切な人を想う事」を強いインパクトをもって社会に伝えました。

​【ギネス世界記録に挑戦】

​【MUSUBU2016オープニング映像】